耳の炎症について。

中耳とは鼓膜の奥にある空間(中耳腔といいます)のことで、その空間に炎症が起きた状態が中耳炎です。

鼻や喉から細菌やウィルスが耳管(耳と鼻をつないでいる管)を介して中耳腔に入り炎症が起きます。

症状は耳が痛い、発熱、耳が詰まった感じ、聞こえが悪いなどです。鼓膜が自然に破けて耳から汁が出ることもあります。

小さい子供さんに多くみられます。理由は耳管という管が影響しています。子供の場合の耳管は成人に比べて、太く、短く、水平に近いと言われています。それだけ耳管を介した炎症が中耳に影響しやすいのです。耳管は鼻の奥の方にあります。鼻水が多いと中耳炎を起こしやすいというのは耳管の位置、形態も関係していることが考えられます。

大人の方にもおこりうる病気ですが、圧倒的に子供によくみられる病気で、乳幼児では急性中耳炎を繰り返すこともあります。

軽い場合は問題ありませんが急性中耳炎が重症になると生命にかかわることがあります。

また急性中耳炎をしっかり治しておかないとその後違う中耳炎になってしまいますので注意しましょう。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、頭痛、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —