~サンシャインビタミン=ビタミンD~

~カルシウムとビタミンD~

ビタミンDは、健康な骨を維持していくためになくてはならない栄養素です。

ビタミンDは、きのこ類や魚類から摂取する以外に、日光浴をすることで身体の中でも作り出します。

そのため、ビタミンDは「サンシャインビタミン」とも呼ばれます。

食事や日光から得たビタミンDは、肝臓や腎臓で代謝され、活性型ビタミンDへと変化します。

活性型ビタミンDは、骨の材料となるカルシウムの吸収を助けます。

骨へのカルシウムの沈着を調整し、骨の形成も促します。

つまり、カルシウムだけでなく、ビタミンDの助けも骨にとっては重要です。

nutrichoice4u.comより

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —