~大きな動作、身体を伸ばすイメージ、声も大きく~

・パーキンソン病とうまく付き合うにあたって、リハビリテーションも非常に重要です。

私がいたフロリダのクリニックでも、パーキンソン病の方のダンスレッスンなどが精力的に行われていました。ダンスなどで大きな動作を行うことが良いようです。ヨガ太極拳などの有効性を示した報告もあります。

・LSVTというリハビリも効果が認められており、運動症状や発声にも効果があるとされています。身体を動かすことで、気分転換にもなります。

転倒と誤嚥を避けるべく、日常生活をおくる工夫も必要です。

また日常生活においても、買い物や食事の支度などもリハビリにつながり、継続することが大切です。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —