50歳以上の方で初めて頭痛を認めた場合、考えてみましょう。

頻度は少ないのですが、発症した場合は失明の原因にもなるので早期治療が必要です。

側頭部に拡張した血管(側頭動脈)を触れる事が特徴で、拍動性、片側性の側頭部痛で、特に夜間に痛みます。

巨細胞性動脈炎は、側頭動脈という頭の外側にある動脈が障害されることから、側頭動脈炎ともよばれます。

また、約半数の方に、首、肩、腰などが痛くなるリウマチ性多発筋痛症を合併されると言われています。

血液検査や超音波検査でチェックして、場合によっては組織を採取して検査します。

治療はステロイドの投与を行い、痛みは軽減していきますが、再発予防のために、一気に中止とはせず、徐々に減量していきます。

50、60歳になって初めて頭痛が起きたような場合、額の横を鏡で見たり、触ることで気付くことがあります。

BusinessDayより

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による脳神経(頭痛、パーキンソン病、認知症など)の治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:00/13:30~17:00
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —