12月25日、クリスマス。

今日は医療とは関係のない話でも。。

サンタクロースというと、恰幅の良いおじさんが赤い服をきて煙突から入ってきて、、、というイメージがあります。

このサンタクロースのイメージ、実はコカ・コーラに由来するようです。

1931年、コカ・コーラ社のクリスマスキャンペーンのために、画家ハッドン・サンドブロムが描いたサンタクロースは、

赤い服に白いあごひげをたくわえ、これが、今現在イメージするサンタクロースの姿のようです。

本来のサンタクロースのモデルになった人物は聖ニコラウス(トルコの聖人)。

その生涯を慈善事業に尽くし、人一倍子ども好きとしても知られていました。

子どもの守護聖人として崇められ、後に伝説となり、子どもたちにプレゼントを贈るという

彼の行動がそのまま習慣化、発展していったのがクリスマス・プレゼントの始まりだと言われているそうです。

コカ・コーラサイトより

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、頭痛、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —