耳鼻咽喉科領域で喫煙との関係が強いとされる癌は、喉頭がん(声を出すところの癌)、口腔がん(口の中の癌)、下咽頭がん(食道の入り口の癌)があげられます。

今回は、下咽頭がんについて

下咽頭(かいんとう)とは、のどの一番奥の食道につながる部分です。下咽頭の前の方には喉頭(こうとう)といわれるところがあり、「のどぼとけ」にあたる場所です。

のどの役割は大きくわけて、①空気の通り道と②食べ物の通り道です。

空気は喉頭から気管・肺に流れ、食べ物は下咽頭から食道・胃に流れていきます。

その下咽頭がんの症状は、飲み込むときの違和感が多く、そのほかに飲み込むときに耳の方の痛み、声がれ、頸の腫れ(はれ)などがあります。

胃カメラを受けてみつかることもあります。

原因の多くはアルコール、たばこといわれています。

禁煙や偏りのない食事摂取、適切なアルコール摂取を心掛けてください。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —