1.鼻出血(びしゅっけつ)

「はなぢ」:鼻から出血している状態のこと。

ここでは鼻血が出た時の対応を簡単に紹介します。

鼻血が出た時にはまず慌てずに椅子や床に座る

そのあと、少しうつむき、鼻の小鼻を両方(右鼻も左鼻も)から親指と人差し指でつまむ(鼻での呼吸ができないような状態であり口呼吸をする)。この姿勢で15分程度動かないようにしてください。

一般的な鼻出血は約15分程度の小鼻の圧迫で止まります。

止まったあとは、1週間程度は再出血の可能性があるので鼻への刺激(鼻を触る、ほじる、鼻水をすする、鼻を強くかむ)、長風呂、激しい運動、アルコール飲酒は行わないように注意が必要です。

ただし、以下の場合は早めに耳鼻科を受診しましょう。

・小鼻の圧迫をしていても口からどんどん出血する

(15分待たずに病院受診ください)

・一時的に血は止まるものの出血を繰り返している

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —