~誰かが自分をみている~

認知機能が保たれているパーキンソン病の方で出現する幻視(ないはずの人や物が見える)の場合、お薬の影響である可能性があります。

認知機能の低下した場合におこる幻視は、病気の進行による可能性を考えます。具体的に人物の顔が見えるとおっしゃる場合が多いようです。

恐怖感など特になければ、問題ないのですが、幻視のために、日常生活に影響を及ぼしている場合には、やはり薬剤の調整を行います。

 

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —