コレステロールが高いなどの脂質異常症に対するお薬にスタチン製剤というものがあります。実際に内服されている方も多いと思います。

今までに、そのスタチン製剤はアルツハイマー型認知症に予防的に働くという報告、一方、よい関連は認めなかったとする報告など逆の報告もあります。

それらの効果は、人種、性別によっても影響がかわってくるとする報告が最近ありました。

白人の男女、黒人の女性に脂溶性スタチンはアルツハイマー病リスクの低下に関連したが、黒人男性ではリスク低下はみられなかったとのことです。

今までも、慢性関節リウマチの薬、貧血の薬、ホルモン剤などの効果を検討したものもあります。

しかし、なかなか1つの要素のみでリスクを低下させるというのは現在のところ難しそうです。

JAMA Neurol. 2017; 74: 225-232.

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —