朝ごはんは脳や体への大切なエネルギー源であるとともに、お腹を動かすことで身体の目覚めにも役立ちます。

実は、この朝ごはんを食べる事は、夜ぐっすり眠るためにも重要だと言われています。

日中、トリプトファンといわれるアミノ酸が、元気ホルモンであるセロトニンに変化して、夜になると眠りのホルモンであるメラトニンに変化します。

トリプトファンと言われるアミノ酸は体の中では作ることができないため食事からとる必要がある必須アミノ酸と言われています。

トリプトファンが多く含まれている食材は主に、豆腐・納豆・味噌・しょうゆなどの大豆製品、チーズ・牛乳・ヨーグルトなどの乳製品、米などの穀類などです。その他、ごま・ピーナッツ・卵・バナナにも含まれています。

忙しい朝、少しでも長く寝ていたいのですが、何か一口でも食べて、身体を目覚めさせ、一日をスタートしましょう。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による脳神経(頭痛、パーキンソン病、認知症など)の治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:00/13:30~17:00
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —