日本人の約15%の方が便秘もちだと言われています。その原因は様々であり、

まずはその原因(例えば癌など)が何によるのかを明らかにすることがまず大切です。

日々の規則正しい生活習慣食事(水分、食物繊維など)もとても便秘改善に重要です。

そういった便秘治療において、最近、新たな動きが出てきています。

私が研修医の時、便秘の方に使用する薬剤は大きく分けて2つでした。1つは、便を軟らかくするお薬(酸化マグネシウムなど)、もう1つは、腸を動かすお薬(センノシドなど)。お腹の音を聴いて、使用するお薬をどちらにしようか考えていました。今でももちろんそれらのお薬は広く使用され効果を示しています。しかし、実際のところ、便秘の患者さんの満足度はまだまだ高くないことが報告されています。

毎日便が出ていても、スムーズに便が出ていないのであれば、“便秘”だと言われています。また効きすぎて下痢を起こせば、そのお薬を飲まなくなったり。。。

また、多くの方が使用されている酸化マグネシウム、センノシド、、

酸化マグネシウムは我が国にはシーボルトが持ってきた薬の1つだとも言われています。実はそれらのお薬は、海外では日本ほど評価されてはいません。

高齢者においての副作用や、次第にお薬が効きにくくなったり、精神的に依存してしまう点なども問題になっていました。

2012年になり、我が国で約30年ぶりとなる新薬が導入され、話題を呼びました。その後2017年に2剤、今年も新たなお薬が導入されました。それらは今までのお薬とは異なる作用で効果を発揮しますので、既存薬も併せ、その方の年齢、症状、コストなどにより使い分ける選択肢が増えました

“ガラパゴス化していた便秘治療の新たな夜明け”とでも言えるのかもしれません。

ちょっと前になりますが、”どげんかせんといかん、便秘治療”。遠慮なくお尋ねください。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による脳神経(頭痛、パーキンソン病、認知症など)の治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:00/13:30~17:00
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —