痛風といいますと、ビール⇒高尿酸血症⇒足指が腫れて痛くなるというイメージがあると思います。

今回は、それとは違い、頭痛と関係した偽痛風というお話です。

発作が痛風と似てはいるのですが、尿酸ではなく、主にはピロリン酸カルシウムという物質が原因となります。

偽痛風は足指に限らず、様々な関節、関節周囲におこります。それが、首の関節に起こった偽痛風をCrowned-Dens症候群と呼びます。

60歳以降の女性に多く、急激な頚部痛、首が回らない、発熱などの症状で発症します。

血液検査や首のCT検査などで診断します。

治療は痛みどめ、ステロイド薬の内服を行います。

急に首が痛くなって、首を回せない、熱が出たなどの場合、ご相談ください。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による脳神経(頭痛、パーキンソン病、認知症など)の治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:00/13:30~17:00
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —