喉頭がん

以前、声がれ:嗄声(させい)について少し触れさせていただきました。

声の出るメカニズムは(声がれ:嗄声(嗄声))に記載している通り、左右の声帯がしなやかに動くことによって声が出ます。

このしなやかな動きを障害する何かができると声がかれます。その一つの疾患として喉頭がんがあります。

喉頭がんの多くは声帯に発生するため最初は声が変わる、声がかすれるという自覚症状が出てきます。がんができる場所によってはのどに違和感を感じたりします。がんが大きくなると血液の混じった痰がでたり、咳がでたり、場合により呼吸困難、ものが飲み込みにくいなどの症状をだす方もおられます。

原因はたばこ、お酒は危険因子と言われています。

喉頭がんは他のがんと同じように早期発見がとても大切です。

がんの拡がり具合によって治療方法が変わります。

声がれ(嗄声;させい)を来たした際にはなるべく早めの耳鼻咽喉科受診をお勧めします。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による脳神経(頭痛、パーキンソン病、認知症など)の治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:00/13:30~17:00
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —