~チューリップはパーキンソン病のシンボル~

オランダの園芸学者であるJ.W.S Van der Wereldは、パーキンソン病を患っていました。

1980年、赤と白のチューリップを発育しましたが、”パーキンソン病”の名前の由来となったジェームズパーキンソン先生(英国医師)を称え、

そのチューリップに“Dr. James Parkinson’ tulip”(ジェームズパーキンソン先生のチューリップ)と名前をつけました。

2005年4月11日の世界パーキンソンデーに、このチューリップをパーキンソン病のシンボルにしようと決定されました。

現在、数々のパーキンソン病関連の学会や学術誌などで、パーキンソン病のシンボルマークとしてチューリップは使用されています。

写真は、当院スタッフが撮影したチューリップ。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による脳神経(頭痛、パーキンソン病、認知症など)の治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:00/13:30~17:00
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —