~お薬は、痛い時に飲むだけでなく、痛みを起こしにくく、痛む回数を減らすことも可能です。~

片頭痛の発作が月に2回以上、あるいは6日以上ある場合には、予防治療を行うことが推奨されています。

予防的なお薬の中には、てんかんに使うお薬、血圧のお薬、抗うつ薬を使用する場合もあります。

また、片頭痛に特化した薬(痛い時の治療薬)も様々であり、トリプタン製剤とよばれるお薬も複数あり、使い分けを行っていきます。

内服するタイミングも重要で、前兆期を過ぎ、痛みが起こり始めたタイミング、できるだけ早期の内服での効果が高いとされています。

注意すべきは、狭心症など血管が狭い病気をお持ちの方は、このようなトリプタン製剤を内服すると、血管を収縮する働きがある薬であるために、

症状を増悪させてしまう危険があるので避けるべきです。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、頭痛、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —