この冬の時期、ウィルスが原因でおこる感染性胃腸炎の事を「嘔吐下痢症(おうとげりしょう)」といいます。

原因ウィルスにはノロウィルス、ロタウィルス、アデノウィルスなどがあります。

ノロウィルスは生牡蠣などの貝類からの感染することでも知られています。一番の予防は手洗い、消毒です。

この時期はインフルエンザなどの感染症も流行しますので手洗いうがいはいつも以上にこころがけてください。

症状は嘔気からはじまり、下痢になります。下痢は何十回も水のような便がでることもあります。

嘔気下痢が強い時は脱水症状になることが一番避けたいことですが嘔気が強いときは飲むたびに吐いてしまい体力消耗してしまいます。

少し嘔気が落ち着いたときに湯冷ましや経口補水液など自分の具合にあわせて可能な限り摂取するように心掛けてください。

いつまでも吐き気が治まらず下痢が続くときは医療機関に御相談くだい。

非常に感染力の強いウィルスです。汚物の処理は素手で行わず、使い捨て手袋もしくは使い捨てビニール袋を二重にはめて、マスクを着用し汚物の蒸発で

感染源が拡大しないように新聞紙もしくはキッチンペーパーを汚物上からかぶせて処理をしてください。

汚物の処理をする方から感染が拡大しないように注意をすることも大切です。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、頭痛、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —