~骨は鉄筋コンクリート

骨粗鬆症 (Osteoporosis) は骨強度が低下した状態。骨強度が低下すると、転倒などで骨折を起こしやすくなります。

寝たきり予防のために、健康寿命のために、骨の病気ですが内科医も積極的に関わっていきます。

骨の強さ=骨密度 + 骨質

鉄筋コンクリートに例えると、骨密度はコンクリート骨質は鉄筋(柱)になります。

骨質の低下とは、鉄筋がサビることで、強くてしなやかな骨が、弱くて脆い骨になってしまいます。

両者ともに大切で、骨密度が平均以上あるのに骨折を簡単に起こすような骨質に問題がある方もいらっしゃいます。

例えば、糖尿病の方は骨密度は正常でも骨質の低下により、骨強度は弱くなり隠れた骨折のリスクを有するとされます。

隠れたというのは、現在、骨質の低下を評価、検査することは一般的には困難だからです(注)。

骨密度は当院でも評価可能です。

注;現在、研究段階にあり将来は可能になるかもしれません。

ePainAssist.com より

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —