インフルエンザ

冬になるとよく聞かれるようになる感染症の一つに「インフルエンザ」があります。例年寒くなる10月頃から流行りだして3月頃まで感染する人が多く確認できます。今年はすでに佐賀県内において学級閉鎖のところもあるようです。

インフルエンザは通常の風邪とは違います。

症状は通常の風邪のようにのどの痛み、鼻水の症状に加えて

・急に38度から40度の高熱

・倦怠感(けだるさ)

・筋肉痛

・関節痛

などの全身症状も強く認めます。

気管支炎や肺炎を合併することもあり、重症化すると脳炎、心不全を引き起こすこともあります。

この結果、若者と比較し体力の低下した高齢者や乳幼児などは命にかかわることもあります。

飛沫感染と言ってくしゃみや咳に含まれるウィルスがそのまま空気中に浮遊している状態で他の方の呼吸器に吸い込まれて感染します。

インフルエンザは非常に感染力が強いため感染が拡大してしまいます。そのため、インフルエンザに罹患すると出席・出勤停止となります。

なお、当院でのインフルエンザの予防接種は10月から開始予定です。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —