食道は、その名の通り食物の通り道です。成人では25~30cm程度の長さの管状で、気管や心臓の背側に位置しています。

近年増えている疾患に、逆流性食道炎があります。胃内容物や胃液(時には腸液や胆汁)などが逆流して、食道にびらんや小潰瘍を形成する病気です。

症状の主なものは胸やけで、胸の真ん中をさするようなことも特徴的です。また、酸っぱいものが上がってくる感覚(呑酸)や、のどの違和感などを訴える人もいます。

原因は下部食道括約筋の機能不全や、腹圧の上昇などで、以前は高齢者に多い疾患でしたが、肥満傾向の人や満腹時に横になるくせのある人にも症状を認める人が増えています。

治療は、飲み薬(胃酸を減らす薬)や生活習慣の改善です。

気になる症状がある人は、消化器内科へご相談ください。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —