子供がものをくわえて転倒し、口腔・咽頭を受傷する例は時折みられます。

子供はまだ、身体機能や歩行機能の未熟さのため、転びやすいのです。

また、子供は周囲に対する好奇心から月齢、年齢とともに、行動範囲が広がります。

一般的には表面だけの傷でとどまることが多く、医療機関を受診せず、自然治癒することも多いのですが、傷口は軽い所見であっても、

命に関わる状態になることがあります。

子供が口に何かをくわえたまま」という状態は非常に危険です。

歩く、走るはもちろん、座っていても口に何かをくわえたままでの行動は注意しましょう。

万が一、受傷してしまった際には、どのような状況で、何をくわえていたのか、

くわえていたものは全体が確認できるのかなど把握の上、医療機関を受診ください。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —