認知症といいますと、もの忘れのイメージがあると思います。

身体も脳も歳を重ねると、機能が若い時と比較すると衰えてくるのは、これは致し方のない事です。

その中で「もの忘れ」が出てくることも当然のことだと思います。

「この人の顔、見たことあるけど、名前はなんだったっけ?」という経験は多くの方にあると思います。

こういった時に、身体にも脳にも刺激を与えて、機能を維持することを心掛けたいものです。

そこで、以前、食事したこと自体を忘れる事を「病的なもの忘れ」、食事した内容を忘れるのを「加齢によるもの忘れ」と以前書きました。

その他についても書いてみようと思います。買い物を例にとると、買い物を行った事を忘れて、またお店に買い物しにいくのが、「病的なもの忘れ」、

買い物には行くが、買うものを忘れるのが、「加齢によるもの忘れ」。

ヒントを与えて思い出せないのが、「病的なもの忘れ」、ヒントを与えると思いだせるのが「加齢によるもの忘れ」。

探し物は誰かに盗まれたというのが「病的なもの忘れ」、探し物はどこかと思って探すのは「加齢によるもの忘れ」。

いかがでしょうか。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —