副鼻腔とは、鼻の中と交通している空洞です。その空洞は、ほっぺた、両目の間、おでこ、鼻の奥にあります。

正常ではこの空洞内は空気でみたされています。

風邪などのウィルスや細菌の感染をきっかけに、鼻から副鼻腔まで炎症がひろがります。この状態を急性副鼻腔炎といいます。

急性副鼻腔炎の場合は抗菌剤などを使用して治療します。ただし、きちんと治療を行わないと炎症が長びき、

慢性副鼻腔炎(一般的に知られている蓄膿症:ちくのうしょう)の状態になります。

症状は鼻水、鼻づまり、後鼻漏(のどの方に鼻水が流れる)、痛み、嗅覚障害です。治療は保存的療法といって、抗菌剤や局所処置を行う方法と手術療法があります。

風邪引いた後になかなか咳が止まらない場合、副鼻腔炎(蓄膿症)が原因という事もありますので一度ご相談ください。

また頭痛の原因の1つに副鼻腔炎もあります。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —