適量のお酒は認知面にも良いと話をしました。そこで「適量」について調べてみました。

日本の厚生労働省が「節度ある適度な飲酒」としている量は、1日平均アルコール量約20g程度と記載されています。

ビール(中瓶1本500mL)=純アルコール量20g

清酒(1合180mL)=純アルコール量22g

ウイスキー・ブランデー(ダブル60mL)=純アルコール量20g

焼酎35度(1合180mL)=純アルコール量50g

ワイン(1杯120mL)=純アルコール量12g

他国ではどうでしょうか。

アメリカでの「適量」は、女性14g、男性28gとされています。

イギリスでは8g、フランスは10gとされています。

ワインをよく飲むフランスが日本より少ないというのは意外でした。

 

厚生労働省 健康日本21(アルコール)

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
佐賀県嬉野市の樋口病院
専門医による神経難病(認知症、パーキンソン病)治療や、生活習慣病などの一般診療まで
~脳神経内科・内科・小児科・循環器内科・消化器内科・耳鼻咽喉科・整形外科・リハビリテーション科~

〒849-1411
佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲1番地
freedial:0954-66-2022
tel:0954-66-2022
受付時間: 8:30~12:30/14:00~17:30
http://higuchi-hospital.com/

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —